元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校の化学が根本からわかる本


化学を何も知らない人が化学を知りたい人にはおススメ

高校の化学が根本からわかる本 理論化学編―社会人・大学生のための理数系再入門テキスト
宇野 正明

中経出版 2007-04
売り上げランキング : 224580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


受験テクニックも無ければ、問題も載ってないし、
この本を読んだからって受験生には即座に点数に反映されないです。

しかし、です。

この本はイメージを定着させます。



スポンサーサイト

今日も小言



今日は小言です。

時間のとれる方のみ読んであげてください。



私はこのブログで参考書を褒めたり、けなしたりして勝手に紹介しています。

目的は受験生の人ができるだけ買う本の数を減らすことです。



ゴールデンウィーク明けから…


今日は小言です。
時間のとれる方は見ていただけたら幸いです。

特に予備校に行っている方へなのですが、
今の時期がこれから秋へかけての成績を左右します。

4月は誰でも頑張るものです。
5月の模試がであまりにやる気の無い人は自分の不出来さに自信を無くします。


ひどい人はそこからサボりだします。
浪人生の方は比較的模試の成績などもいいでしょう。
逆にそれで気が緩み夏休みまでダラダラ過ごす人もいます。


この5月というのはその分かれ道の第一段階です。
友達関係や行動パターンも固まり、少し落ち着いて勉強ができる環境になります。
やる気の無い人は来なくなるので、
自分の周りはやる気のある人ばかりになります。
(高校生の方は違うかもしれませんが…)
これはすごくいい機会です。
負けないように勉強しましょう。

まだ模試の成績などに努力が反映されなくてもかまいません。
今勉強する習慣をつけておけば、それは1年続きます。
その習慣が成績を決めていきます。


今緩めば、受験直前に勉強する習慣をつけるのは余計に苦痛とエネルギーが必要です。



他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓
にほんブログ村 受験ブログへ

忘れてしまった高校の物理を復習する本

これは受験参考書コーナーに置くもの……?

忘れてしまった高校の物理を復習する本―物理の基本、ここが面白い!
為近 和彦

中経出版 2002-02
売り上げランキング : 13227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




いわゆる文系の人が大学を卒業して、
何かのきっかけで物理を勉強したくなったとします。

その場合にはこの本が役立ちます。

最近こういった系列の
「大学生のための…」とか
「もう一度勉強したい方へ…」といった類の本を
受験コーナーでよく見かけます。
受験人口が減ったので、
購買層を広げようとしてそのような本を出版しているのではと
考えてしまう私はおそらくかなり邪推なのでしょうが、確実にいえることはあります。


受験参考書としてはまったく役に立ちません。


それは文系の受験生が理科の科目も必要になったという理由でもです。
受験生にとってこの本は時間の無駄になってしまいます。

大学受験が終わり基礎から物理を勉強したくなったときに読みましょう!





他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓
にほんブログ村 受験ブログへ

リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。