元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本(中経出版)

これは教科書である。理系人間にとっての受験参考書、問題集ではない(´_ゝ`)ノ

新出題傾向対応版 大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本
新出題傾向対応版 大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本大宮 理

おすすめ平均
stars理解しやすい!
stars●良書●

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



化学が苦手で苦手でたまらない、
もしくは化学の教科書は読みたくない、でも基礎を理解しないと、
というそんなあなたにはもってこいである(゜σ゜)


問題もあるが、それほど多くはない(´_ゝ`)ノ
そしてかなり基礎的である。

前から思っているのだが、こういう個人名で本を出版している方は基本的に話の運びがうまい!
だから気持ちよく頭に入ってくる。
しかし、それはデメリットもある。



それに酔ってしまうのである。
話はわかりやすかったし、面白かった( ´∀`)
さて……あれ?
ということになる。

もちろん上記は一番最悪なパターンだから極論なのだが、
そういうこともありうると思って対策を打とう。

具体的には、一旦本を閉じて、じゃあ今の単元から何を学んだか、紙に走り書きをしてみることを強く勧める。
そしてあやふやな箇所をもう一度読むと。


とにかく基礎知識は得れます。わかりやすいです。
デメリットはわかりやす過ぎることと、本のページが多すぎることです(もちろん仕方のないことです)。
理論、無機、有機とあるからねぇ(゜σ゜)


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/17-83efa119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。