元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編,ナガセ)

初めの方のみ丁寧である。

岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編)
岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編)岡野 雅司

おすすめ平均
stars化学に対する考え方を変えてくれる本
stars理解が遅い私でもできた
stars化学初心者は手を出さない方が良い。
stars諸刃的な本
stars化学初心者の神様です☆☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の特徴は「あきらめている」ことをハッキリ書いていることだろう。

「それは定義である」
「それはそういう風に決められている」


それを小難しく説明しないのはすごく大事であると思います。
どこを考えるとこか、覚えるとこか、そういうのは区別できないと化学の理解などできません。

そして化学の初めの説明(例えば化学結合、混合物、化合物など)はすごくわかりやすいです。

スタートが何よりも大事!と考えている人には合うでしょう。


デメリットもあります。

ページ数の制限が設けられているのか、最後の分野(化学平衡、電池)のほうに詰まっています。
ただ公式を羅列しているようなものです。
モルの当たりから説明が簡素になっています。


このデメリットは非常に大きいです。
なぜなら、化学はモルから始まるようなものです。
初めの混合物などよりその後の分野のほうが受験に出ます。
ただし、初めに言った「決められていること」は覚えるというスタンスでそのように簡素にしているかもしれません。

それを十分に考慮しないといけないでしょう。
文系の人でも少し注意が必要な本だと思います。




他の受験ブログを見てみたい方はクリックしてみてください↓
にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/32-341c189a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。