元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験 化学I[理論]の点数が面白いほどとれる問題集(中経出版)



「問題集」である。

センター試験 化学I[無機・有機分野]の点数が面白いほどとれる問題集
センター試験 化学I[無機・有機分野]の点数が面白いほどとれる問題集
橋爪 健作

関連商品
センター試験化学I〈理論分野〉の点数が面白いほどとれる問題集
大学入試にでる生物〈遺伝〉が面白いほどわかる本―新出題傾向対応版
センター試験数学I・Aの点数が面白いほどとれる問題集―センター試験の問題は、ここから出る!
センター試験数学II・Bの点数が面白いほどとれる問題集
センター試験 化学Iの点数が面白いほどとれる本
by G-Tools


おもしろい程は点数を取れないとは思います。
一度センター対策をした方が、確かめ程度にする問題集です。

ただし、この本は特徴があります。

単位に気を使っている
ということです。

化学の計算などを単位抜きに語ることはできません。
理解の無い公式の丸暗記などは受験に通用しません。
本番では動揺してしまいます。

この本は化学を「なんとなく」で解いている受験生にとって非常に重要でしょう。

事細かに単位を考えながらの計算が続きますので、
根本的な理解が出来るでしょう。

デメリットは教え方があまり上手くないことです。
予備校講師が書いた本!みたいな見方をするとエライ目に会います。

上記の単位の話を除くと教科書的な解説が目立つ本ではあります。



他の受験ブログを見てみたい方はクリックしてみてください↓
にほんブログ村 受験ブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/41-33310d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。