元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋元の理系物理I・II頻出問題解法―入試で点が取れる



式の羅列…

橋元の理系物理I・II頻出問題解法―入試で点が取れる
橋元 淳一郎
学研 2006-03

by G-Tools


私は著者の色んな本を見てきましたが、
この本は他の本に比べてかなり劣ります。

物理はイメージ、というのは私も同意しますが、
この本にはそれがほとんど生かされていません。

というのは、演習問題の解説にそれが表れています。
以前紹介した著者の違う問題集はイメージを元に式を立てる、
という構成になっていたのですが、この問題集はただ式を解いているだけ。
式の羅列です。

もちろんイメージ解法なるものはありますが、
細かい説明は省かれていますし、
ひたすら受験に出そうな問題が羅列しているだけです。
レイアウトもひたすら問題をつめてあり、見にくいです。

たしかに頻出問題の解法なのですが、
こんなに問題数があればどれか似たようなものは出るだろうし、
解いたところでただ詰め込むだけでどこが大切なのかわかりにくいし、
おススメはできません。

もちろん同じ著者のほかの問題集はかなり優秀です。



他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/62-63345812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。