元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解説が詳しい化学ⅠⅡ頻出重要問題集



まずは体で覚えたい方に…

解説が詳しい化学I・II頻出重要問題集
庄司 憲仁

旺文社 2004-02
売り上げランキング : 151353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この問題集は問題集に徹していますので、
教科書的な説明はありません。

「定期テストから受験の基礎まで」の難易度をターゲットにしていますので、
受験難易度の立場から見ると平易な問題です。


ただ…
ひたすら問題だけなので
この本だけで化学を勉強すると根本的な理解なしで、
どんどん突き進んでいくリスクはあります。

「化学をそこまで理解していないけど、この方法でこの問題は解けるからいいや」
的な考えに自然となってしまいます。

化学は暗記することが多い科目です。
ですので、それでも受験基礎レベルまではかまわないのですが、
その先のレベルになるとその半端な理解が自分を苦しめかねません。

そのリスクを考慮しているのか、
この問題集は比較的暗記すべきことがある問題が多いです。

この問題集は早いスピードで問題が解けるかもしれませんが、
本当に自分が理解しているのか、
自問自答しながら進めていくべきものです。


もちろん、覚えなければいけない解法は確かに存在するので、

まずは教科書を理解した→この問題集を解く
→ある解法の意味がわからない→詳しく勉強する

といった方法で化学の理解を深めることもできます。

結局

・化学というものをかなり奥深く理解してから問題を解く、
もしくは、
・一通り理解してから問題を解き、解法を学び、また化学を勉強する

の後者を重視して、なおかつ
まだそんなに化学の実践的な問題を解いていない方にはおススメできます。

前者も結局その都度問題は解いていくことになるのですが…。


他の方の意見はこんな具合です↓
おすすめ平均
解説で暗記
これはいいです。




他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

タイプわけの後
 はじめまして、現在新高3のものです。

 タイプわけのI IIABとIIICを冬半ばから初めて、この春中に終わらせようと考えているのですが、その後は何をやればよいのでしょうか。

 個人的にはやさしい理系数学が面白そうと感じたのですが…、どうもレベルが高いようなので。
 あと友人は月刊大学への数学を薦めてきます。

 何か良い問題集はありますでしょうか。
【2007/03/11 00:23】 URL | べっきー #R2WJGsRw [ 編集]


ベッキーさん
コメントありがとうございます。
タイプ分けの問題集の後なのですが、
「河合塾・大学入試攻略数学問題集」がいいのではないでしょうか。
次のステップへ一番無理なく進めるでしょう。

「河合塾のプラチカ」や
「Z会・理系数学入試の核心(標準)」なども候補に考えましたが、プラチカはタイプ分け問題集とかなり近い難易度です。Z会は…少し入試問題集としては的外れかなと。

タイプ分けのあとはどの問題もレベルが高く感じると思います。
しかしタイプ分けの問題はすべての問題を解く際の基礎となります。
時間に余裕があればタイプ分けを2回してから次の問題集に進むのもおススメです。
【2007/03/12 23:06】 URL | のぶつぁ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/64-e67b55c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。