元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細野真宏の数IIIの微分積分が面白いほどわかる本―《1週間集中ライブ講義》偏差値を30から70に上げる数学 (極限編)



わかりやすいです。
難関大学を受験する人には向いてないかもしれません。


細野真宏の ベクトル〈空間図形〉が本当によくわかる本 1週間集中講義シリーズ
細野 真宏

小学館 2003-04-25
売り上げランキング : 66982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



数学は苦手な人は
数学のツボみたいなのが理解仕切れていない方が多いように思います。

例えばある問題の解き方を覚えて、
次の問題にもその解き方を忠実に真似て解こうとする人がいます。
そして少しだけ前の問題と違うから解けない。


そういった方は「数学は1問1問違うからオレには向いてない!」
といった感じで投げやりになる傾向があります。



この参考書は参照が非常に多いです。
つまり問題を解く際に、「〇〇の項目にあったように」という具合です。

数学では覚えないといけない知識や解法があります。
そして当然受験ではそれだけで対処できない状況が多いです。

参照が多いということは覚えるべき箇所と、
考えるべき箇所が独立しているということです。


これは数学が苦手な方にとってとても大切なことです。
この独立がうまくいかない限り数学が得意になることはありません。

独立がうまくいけば、
どんな応用問題も細かく区切って問題を考えることができます。
(これを求めるには、あれがいるから、この式を使って……という感じです。)

そういった意味でこの本は非常に有効に使えます。

この参考書を読むにあたって、
前提となる学力は教科書を一通り読んだくらいで十分です。

…ただ、数学が得意な方には向いてないかもしれません。
正直なところ、せいぜい「数学的思考法の見直し」に役立つくらいだと予想できます。

苦手さに心当たりがある方は一読を。

他の方の意見はこんな具合です↓
おすすめ平均
使用法を間違えないように。




他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/69-867133cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。