元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学への数学


何も考えずはりきってやると時間の無駄です。

大学への数学 2007年 04月号 [雑誌]

東京出版 2007-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
大学への数学 2007年 05月号 [雑誌]
数学を決める論証力―大学への数学
大学への数学解法の突破口
微積分/基礎の極意―大学への数学
1対1対応の演習/数学B―大学への数学



この本は雰囲気的に保護者さんが読むことが多そうな気がします。

だからか、この本は良くも悪くも「カタイ」。
予備校講師がわかりやすく……みたいなノリはどこにも感じられないです。

今回は臨時増刊の形で数学の1A2Bの入試問題をクローズアップさせていました。

正直なところ、普通の問題集と変わりません。
ただ、この本が持つオーラによって勉強できたような錯覚に陥る可能性もあります。

4月という時期は誰でも頑張ります。
そこで何も考えずこの本を買ってしまうとエライことになります。

一番まずいのは数学がそれほど得意でない新高3の方でしょう。

今月だけかはわかりませんが、
1言でいうと、標準入試問題があります。

ですので、まだ基礎力も完成していないうちから
そういったことをやろうとするとただでさえ現役生には足りない時間が無駄になります。

この本は比較的数学は得意な浪人生の方が
入試のカンを取り戻すのにあっているのではないでしょうか。
だからといって入試レベルでそんなに難しい問題が並んでいるわけでもありません。

解説は特長はありませんし、レイアウトが見やすいといったこともありません。



他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/09/22 06:53】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/71-aa7e3023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。