元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podでセンター試験

実際の予備校の雰囲気をあらゆる場所で味わえます

Podでセンター試験 数学II・B
西岡 康夫

講談社 2006-09-29
売り上げランキング : 332819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
Podでセンター試験 数学I・A
Podでセンター試験 英語
Podでセンター試験 国語[現代文]
センター試験英語〈文法・語句整序・リスニング〉の点数が面白いほどとれる本
センター試験 英語〔文整序・読解・会話〕の点数が面白いほどとれる本


これは本だけでは終わりません。
CDを聴きながら勉強して初めて効果が出始めます。



本というのは、というかどんなものにでも伝えれる限界が存在します。

例えば知識を得るときは色んな得方がありえると思います。
目から、指先から、耳から、文字からなど…。

人が一番知識を得れるのは、
人から直接教わるときなのではないでしょうか。

この本はそれに挑戦しています。
本自体は特別すばらしいものではありません。
選んでいる問題もセンター試験の過去問から抜粋しているようです。

純粋にセンター試験の勉強を本だけで終わらすなら
赤本や黒本などで事足りるでしょう。
ベストは予備校などに行って授業を受けることですが、
予備校に通っていたとしても、
自分の勉強したい時間帯に授業をやっていることはあまりありません。


この本と音楽プレイヤーがあれば、それも補えるでしょう。


難易度としてはセンター試験そのものなので、
模試などで9割とかをキープしている方には正直必要の無い本でしょう。

センター特有の素早い解法のコツを知りたい方や、
そもそも苦手意識を持っている方にはこの本が役立つと思います。


本では伝えきれない微妙なニュアンスの情報が耳から入ってきます。


他の方の意見はこんな具合です↓
おすすめ平均
残念



他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓
にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/78-4abc57cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学院・大学編入学社会人入試の小論文―思

無難な模範解答を羅列する指導書はよく見掛けますが、この本では課題文のとらえ方、論理的な文章の組み立て方から丁寧に解説しています。ただ、「大学院・大学編入」向けでも、例題内容は社会・人文・経済関連が中心となっています。(広く応用がききそうな設問ばかりですが 大学受験がいっぱい【2007/09/28 04:47】
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。