元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学1・2入試問題集 2007年


あくまで、総まとめ的な問題集

化学1・2入試問題集 2007年 (2007)


by G-Tools

数研出版という会社名はよく聞かれると思いますが、
ここは伝統のある出版社なので
昔からの参考書の習慣らしきものを
ずっと保っています。

この本もそのような本で、
基本的には問題の精選書といった感じです。
国公立大学や有名私大から問題を選んできて、
問題を実際に化学を学ぶ順に並べています。



注意しないといけないのは
「~~は特に注意して覚えておこう」や
「~~は間違えやすいので慎重に解こう」
などの情報はほぼ載っていないということです。



解説も特に丁寧でもなく、少しの解説と答えが載っているだけです。

化学を一通り学び、入試問題をどんどんやりたい人には合っているかもしれませんが、
間違っても今から化学を学ぶ人がこの本で化学を始める、
ということをしてはいけません。
お金と時間がかなり無駄になります。


特に本から学ぶことは無く、大切な箇所もわかっているので、
どんどん入試問題で初めから復習していきたい、
という方には向いているのでしょう。


他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓
にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://noieson331.blog74.fc2.com/tb.php/83-fc241fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。