元塾講師の大学受験参考書レビュー(ただし理系科目のみ)

星の数ほどある問題集を経験に基づきながら片っ端から語っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤本の解き方の基本

この時期は入学したい大学の過去問を解くと思います。

赤本をどのように使えばいいのか、ということはみなさん気になっていると思います。


赤本で志望大の過去問を解く事に何の意味があるのか?

それぞれの方に意見はあるでしょう。
ひとまずメリットは置いておきましょう。

一番してはいけないのが
過去問を何回も必死に答えを覚えるほど解く事
です。


その問題はその大学では100%二度と出ません。
その意味で極論を言ってしまえばしても無駄です。
(しないほうがいいというわけではないです)

一度私が学生の頃大学教授から受験問題の作成の苦労話を聞かされました。
そこで、過去の問題とかぶらないこと、
そして受験生の学力を試せること、
他の大学の問題とも照らし合わせて問題がかぶらないように作成するようです。
(あくまである1大学の話ですが)

ですので、過去問はあくまで傾向を探る、ということに主眼をおきましょう。
解く事にそれほど意味を重視させないほうがいいでしょう。


もう1つ。

2006年度、2005年度、……2000年度と何年ぶんも問題は用意されています。

過去問はゼッタイに2000年度、2001年度、……2006年度、という風に過去から近づいてくる形式で解いていきましょう。

みなさんが知りたいのは
「どんな問題が出るか」
でしょう。

入試の日が近づくにつれ昔に戻っていって昔の問題ばかり記憶しても意味はありません。

その昔の問題を作成した教授は今はどこか別の大学にいってしまって、もう問題作成に携わってないかもしれません。

そしたら傾向を知ることなどできません。
昔の問題から解く方がはるかにメリットはあります。

というところを注意して解けば効率はいいでしょう。



他の受験ブログを見てみたい方はどうぞ↓
にほんブログ村 受験ブログへ

たまには独り言

今回は小言の記事です。

時間がある方は読んであげてください。

… 

私は予備校で働いていたことはあったのですが
(少しの期間職員として)、
予備校に通ったことはありません。

なので、これから言うコトは的外れかもしれません。

私が予備校に勤務していたとき、もちろん上司がいました。
で、そこで「うちのシステムは完璧だからうちに来てください」的なことをしていたのですが、

あるとき…



少し日が開きました……

センター試験が終わりました。
ここからは突っ走っていくだけです。

自己採点結果はもうすぐでしょうか。
いい結果でも悪い結果でも、
やはり自分が大学に行く目的を
再認識することで大学選びも楽になります。

合コンをしまくりたい、
就職に有利な学校に行きたい、
あと4年くらいボーっとしたい、
自分が好きなものをもっと勉強したい、

あまり自分にウソをつかずに目的を思い出せば、
受験結果もよくなります。

ちなみに……
大学での知識は仕事には役に立たない場合が多いです。
もちろん例外もたくさんあります。

まぁあまり人生観みたいなことを語っても
仕方ないのでこの辺で…。

余談ですが、たまにはある大学の受験対策を
このブログで行おうかなとも考えています。

基本は問題集紹介ですので、お楽しみに(´ー`)
今までの紹介記事もけっこう役立ちますよ。



他の受験ブログも見てみてください↓
にほんブログ村 受験ブログへ

センター試験一日目終了……



お疲れ様でした。
1日目と2日目の緊張の違いを考えると、
もう半分以上経過したようなものです。

受験生によってはさっそく答えあわせを、
友達同士や予備校の速報を使って行うかもしれませんが…



止めておきましょう。

センター試験は2日間合わせて1つです。
模試の途中で終わった科目の答えあわせをしなかったでしょう?

センター試験も同様です。

それは点数が予想より高くても低くても
あまりいい影響を与えません。

答えあわせをしなくても、もう点数は決まっているのですから、
あとはできるだけ頑張るだけです。

もしどうしても…というのなら
めちゃくちゃ自信のある科目
一番最初の問題だけ答えあわせをしましょう。

自信がないなら止めておきましょうヽ(´ー`)ノ

で、ブログを見てるなら休憩程度にしましょう。
パソコンは長時間見てるだけで疲れますよ(´_ゝ`)ノ




他の受験ブログを見てみたい方はクリックしてみてください↓
にほんブログ村 受験ブログへ

センター試験前日の過ごし方

みなさんは早く家に帰って早く寝ようと思っていませんか?

そしてなんだかVIP待遇で家庭でも過ごして…。

それが間違っているとは言いませんが、ベストな過ごし方ではないです。

上記のような過ごしかたは
「明日がセンター試験なんだぞ!」
という意識を体に染みつけさせます。

できるだけいつもの毎日と同じ過ごし方がいいと思います。

4時まで友達としゃべって学校に残っていたなら
センター前日でもそうしたほうがいいです。

いつも家事の手伝いをしていたなら、
前日こそいつもどおり面倒くさがりながらするべきです。

勉強時間も普段より減らすでもなし、
増やすでもなし、
毎日のように勉強すればいいでしょう。

ごはんもいつもくらいのモノでいいです。
質素なくらいでいいかもしれません。
そのほうがリラックスできます。

ただ、夜中の3時にいつも寝る、
という人がいたならさすがにそれは早く寝ましょう。

基本的には寝る時間もいつもどおりか、
いつもより少し早めに寝るかでいいです。

そして前日は誰でも寝付けません。

1ついいアドバイスをすると、
睡眠時間は確かに大切だが、
仮にゼンゼン寝れなくても、
6時間目をつむって布団で寝てるふりをするだけで、
2時間寝ているのに相当するようです。

科学的に調べたわけじゃないですが、言い伝えです。

寝れない人は6時間布団の中にいましょう。
2時間寝ればセンター試験を睡眠のせいで
失敗することはないでしょうから。

そして……あまりブログを見ずに寝ましょう(笑)
パソコンの音は案外気持ちをイライラさせますよ。

リンク
プロフィール

のぶつぁ

Author:のぶつぁ
元塾講師です。
大手予備校でも勤務してました。
そこで多くの参考書・問題集に目を通すことになりました。



カテゴリメニュー

  • 数学(27)
  • 化学(20)
  • 物理(17)
  • ランキング(2)
  • 小言(22)
  • 自己紹介(2)
  • 漢文(1)

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。